7/20 gengeグループ 豆家別邸福福での研修

12:24


こんにちは!
約2週間頑張って参りました!
そして、新しくなったiPhone6の画面をわってしまいました!
近藤妃梨です。



今回で2社目となる研修場所は名古屋駅から10分くらいの距離に位置し、
隠れた名店『福福』というお店で研修してまいりました。


短かった研修でしたが、本当に楽しかったです。
もともと接客が好きだったこともあり、
毎日楽しくお客様とコミュニケーションをとっていました。

お客様が『美味しい』と喜んでくれたり、
『また来ます』と言ってくれた時はやっぱり接客業っていいなと感じました。

相手に感動を与える仕事を目の当たりに出来る仕事ってなかなかないと思います。
これって接客業ならではですよね。

こういうのが久しぶりで、張り切りすぎて研修ということ自体を
忘れてしまうくらいでした。


いろんなことを覚えたり、役に立ちたいという思いもあって
自分中心になってしまっていて
成長というよりも、気づきの方が多かったです。





まずは、飲食店は改めて忍耐力のいる、凄く大変な仕事だなと思いました。




人にずっと見られながら働き、素晴らしい接客を心掛け、
且つ営業が終わっても後片付けや、シフトを組んだり事務作業をしたり、
ミーティングがあったり。

帰ってからは疲れているのですぐ寝て、起きたら仕事
という繰り返しの日々。

この繰り返しをほぼ毎日続けて、気の休まる時間が本当に少ないと感じました。

お客様が喜んでくださることだけが原動力で
とても働きがいがある仕事だと思うとともに、

疲れてしまって接客がおろそかになると、
喜びを与えることも感じることもできない。

ということも感じました。


とてももったいないと思いました。



私自身、一週間の後半あたりから疲れがどっときて
笑顔が少なくなってしまったり、接客が疎かになってきているな。。

と思っていたぐらいでした。

そんな中で、女性の店長は疲れを見せないように笑顔で勤めていて
とてもかっこいいと感じました。

動きも素早く、周りをよく見ていて、よく気づき、気遣いや感謝の言葉を
忘れないで、休まることなく日々努力をしていました。

持病を持ちながらも、いつも全力でいて、責任感が強く

私や普通の人ではなかなか真似のできない凄さを感じ、
本当に尊敬できる方だと思いました。


私には体力も、精神力も人より乏しいとよく感じます。


どうやったらあんな風に全力で生きていけるのか本当にわかりません。笑

これは私の中で本当にクリアにしなきゃいけない改善点だと思います。





料理長も、いつも料理に抜かりなく全力で、優しいあたたかみのある
美味しい料理を提供していました。

まかないも本当においしかったです。






本当にダシが美味しくて、一品一品味はしっかりしているのに優しいんです。
和食をあまり作らない自分としては本当に尊敬のできる料理長でした。

『この料理美味しいです!どんな味付けなんですか?』
と、聞いた時があったんですが、その時はレシピをわざわざ書いてくださり
本当に感動しました。


いつでも料理のことなら聞いてきていいよ。と、おっしゃってくださったので
困った時は聞いてみたいと思います!(迷惑にならない程度に・・)




そしてみなさんとても優しくて、居心地が良かったです。

気さくに話しかけてくださり、いい職場だなぁと感じました。








さて、成長というよりも、やはり気づきのほうが多い研修となりました。

早くこの気づきを元に、改善し、成長していきたいと思っています。


いつも読んでいただきありがとうございます。

次で最後の研修となります。

また約一ヶ月後に更新します!



それでは!










Artikel Terkait

Previous
Next Post »